メニュー

涙道外来

感情に関係なく常に涙がにじんで、よくハンカチで目をふいている方を見かけることがあります。涙で眼鏡のレンズが汚れる、くもる、目の周りが赤くかぶれる、目やにが溜まる、涙でぼやけるなど生活の上でいろいろな弊害が出て困ることも多いのが現状です。「年だから治らない…」と諦めている方も多いようです。流涙(涙目)や慢性的な目やになどでお困りの方はお気軽にご相談ください。

涙道の解剖

涙腺から出た涙は、眼の表面を潤した後、目頭の上下に開いた涙点より涙小管~涙嚢(るいのう)~鼻涙管(びるいかん)を経て鼻に抜けていきます。この途中で閉塞(へいそく)や狭窄(きょうさく)があると涙が鼻に流れずに、涙があふれ目にこぼれてしまいます。この状態が流涙症(涙目)です。また、閉塞が涙嚢以降にあれば、目やにがでたり、涙嚢に膿が溜まってしまうこともあります(慢性結膜炎、涙嚢炎)。他に、逆まつげやドライアイによる涙液の反射性亢進や結膜弛緩症(加齢による結膜のたるみ)も原因で涙があふれることもあります。

まずは、外来にて通水検査(涙点から生理食塩水を流して、鼻あるいは喉に流れてくることが自覚できるかどうかを確認)行います。さらに最新の涙道内視鏡を使って鼻涙管の粘膜の状態や狭窄部位、閉塞部位を実際に確認することが可能です(予約制)。鼻涙管が閉塞している場合は治療を行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME