メニュー

緑内障の治療

日本人の中途失明の最大の原因疾患となっています。40歳以上の日本人は約5%が緑内障と推測されており、加齢とともにその頻度が上昇することが示されています。

初期の段階では自覚症状に表れにくいため「沈黙の疾患」と言えます。早期発見、適切治療が大切です。また緑内障と診断がつかず疑いがあるという状況では、すぐに治療は行わず、定期的に検査を行い進行がないか経過を診ていく場合もあります。

まずは、人間ドック等の眼科健診を受けておられない方は、眼科受診をお勧めします。自分の眼の健康状態を把握しておくことは大切なことと思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME