メニュー

レポート

「アルコン 遠近両用コンタクトレンズ」勉強会のレポート(2017.09.11更新)
Alcon  DAILIES TOTAL① 遠近両用  勉強会 今回の勉強会は、遠近両用の1日使い捨てタイプのコンタクトレンズについてです。 このレンズは「ウォーターグラディエントレンズ」と呼ばれ… ▼続きを読む

「電話応対について」勉強会のレポート(2017.03.30更新)
電話応対について勉強会をしました。 勉強会前に抜き打ちで講師の先生が電話をかけてこられ、そして診察にも来られました。スタッフのみんながどの段階で講師の先生だと気付いたかは分りませんがいつも通りに… ▼続きを読む

「ショックへの対応と対策について」勉強会のレポート(2017.02.20更新)
今回の勉強会のテーマはショックへの対応と対策についてでした。一言にショックと言っても原因によって2種類に分ける事が出来ます。 アナフィラキシーショック…過剰なアレルギー反応によって生じる。 プ… ▼続きを読む

「眼鏡について」勉強会のレポート(2017.02.16更新)
眼鏡について当院ORTを講師にスタッフ間で勉強会をしました。 眼鏡には遠くを見るための遠用眼鏡に近くを見るための近用眼鏡。それと遠くと近くの両方を一つの眼鏡で見るための遠近両用眼鏡とがあり、その遠近… ▼続きを読む

「大塚製薬 緑内障点眼治療薬 ミケルナ配合点眼液勉強会」参加レポート(2017.01.19更新)
ミケルナ配合点眼液は、1日に1回の点眼で済むタイプの薬剤を2種類掛け合わせた合剤として、この度世界で初めて発売されました。 特徴としては大まかに… 1日1回製剤同士を配合。たった1日1回の点眼… ▼続きを読む

「ボトックス説明会」参加レポート(2016.12.13更新)
ボトックス治療とはボツリヌストキシンという筋肉の緊張を和らげる薬を眼の周りに注射して眼瞼痙攣や片側顔面痙攣(眼の周りの筋肉が自分の意志とは関係なく動く病気)の症状を改善する治療法です。 眼瞼痙攣、片… ▼続きを読む

「第33回島根緑内障研究会」参加レポート(2016.12.08更新)
第33回島根緑内障研究会に参加するために、12時までの外来診療を終えてから出雲まで行ってまいりました。 手術適応と最適な術式選択を求めて 特別講演Ⅰでは、香川大学医学部眼科学教室 准教授 廣岡一行… ▼続きを読む

「ジョンソン&ジョンソン遠近両用コンタクトレンズ勉強会」参加レポート(2016.12.08更新)
ここのところ数回にわたり各メーカーの遠近両用コンタクトレンズについての勉強会がある中、今回初めてスタッフ内で実際に装用してみることになりました。 私自身は視力両眼とも、2.0と良いので手元がぼやける… ▼続きを読む

「患者応対事例で振り返る接遇の問題点と改善 ~相手の納得につながる“表現(応対)”を考える~」参加レポート(2016.11.21更新)
セミナー概要 テーマ 患者応対事例で振り返る接遇の問題点と改善 ~相手の納得につながる“表現(応対)”を考える~ 内容 業務意識と役割意識を振り返る業務意識からの言葉(行動)…スタッフ目線… ▼続きを読む

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME