メニュー

「コンタクトレンズの基礎知識」勉強会

[2019.05.28]

今回はアルコンのソフトコンタクトレンズについての勉強会でした。

ソフトコンタクトレンズにはシリコーンハイドロゲルという素材があり、酸素と水両方を通す性質です。本来、目には酸素が必要になります。酸素不足になると無血管である角膜に血管が侵入する、充血、かすみ、乾燥が生じます。ですが、シリコーンハイドロゲルは長時間、長期間装用していても酸素が供給されるため目に負担が少ないという利点があります。

また、今回は乱視用ソフトコンタクトレンズのことについても勉強しました。

正しい乱視軸の補正や度数調整についての知識をよりしっかり得ることが出来たので今お使いの乱視用ソフトコンタクトレンズにご不満がある方や今後乱視用ソフトコンタクトレンズをお使いになりたい方は是非この機会に当院の眼科スタッフや医師にご相談下さい。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME